スポンサーサイト

2015.12.29 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    第3回 美食と美酒の会(仮) 報告!

    2008.03.29 Saturday

    0
      こんにちは、2週間ぶりの酒蔵日記です。

      ついに桜が咲き始めましたね。僕はまだ見ておりませんが。
      今回も日記と言いつつ、3日前の出来事をご報告いたします。

      「第3回 美食と美酒を楽しむ会 in Auberge(オーベルジュ)」開催!



      今回はフレンチと日本酒というチャレンジングな企画だったのですが、
      結論から言うと、見事に合います。
      シェフの腕に拠るところも大きいですが、前菜からメインまで、全く違和感無く料理とお酒の組み合わせを楽しむことが出来ました。

      このイベントのための特別メニュー。



      お酒は、山丹正宗定番の吟醸酒、無ろ過生原酒の吟醸酒、大吟醸酒の飲み比べにしました。



      イケメンシェフの神原さんが創る料理は、とにかく見て頂くとわかりますが、最初から最後まで芸術的。
      一瞬食べるのがはばかられるほどです。



      特に僕が一番感動したのは、メインの肉料理、
      「北海道産牛フィレ肉のブレゼ 吟醸酒の香りを添えて
                 ブルーチーズとのマリアージュ」
      ブルーチーズソースのまろやかさと適度なしょっぱさが、フィレ肉に合うのはもちろん、日本酒との取り合わせも見事で、感動的ですらありました。

      もちろんお約束の自己満足企画「蔵元による日本酒講義」も。



      お客様にもとても喜んで頂け、僕もなんだかやり遂げた感があり、
      このままこのイベントを止めてしまいたい衝動にも駆られますが、
      次回は「中華かアジア料理と熟成酒」。5月28日(水)を予定しています。

      まだ何も決まっていませんが、乞うご期待!

      第3回 美食と美酒を楽しむ会(仮)のご案内

      2008.03.14 Friday

      0
        こんにちは、タイトルのわりに酒蔵を全然紹介しない「酒蔵日記」です。

        開催予定日を過ぎてようやく、「第3回 美食と美酒の会(仮)」の概要が決まりましたのでご案内いたします。

        急激な円高と米国株安と花粉症のトリプルショックで株式市場は沈みがちですが、そんな日本に負けず劣らずフランスも不景気(らしい)です。

        そんな理由で選んだ訳ではありませんが、今回のテーマは、

        「フレンチと薫り高い吟醸酒 in ますや旅館内Auberge(オーベルジュ)」

        日時:3月26日(水)19:30〜
        場所:ますや旅館  
        今治市大西町宮脇甲1416-3 0898-53-2104
        会費:5,000円 (要予約)


        山丹正宗 星空を眺めながら飲む吟醸酒

        日本酒は海外で時々「Rice Wine(米のワイン)」と紹介されるように、(少々乱暴な言い方ですが)製造の過程はワインと似ています。
        どちらも飲むだけでなく、料理に良く使われる点でも似ています。

        なので、フレンチにも日本酒が合うはず。
        そんな単純な発想から、僕のわがままを聞いてくれるお店を探したところ、ありました。「ますや旅館」様です。

        一見したところ、四国によくある「八十八ヶ所めぐり」に使われる普通の旅館ですが、実はフランス帰りの息子さんが腕を振るう、オーベルジュ(仏語:宿泊施設を併設するレストラン)なんです。

        今回、日本酒に合うように特別な料理を作ってくださるそうなので、是非ご期待ください!

        予約・お問合せは、?八木酒造部 見切り発車企画部まで。
        0898-22-6700 info@yamatanmasamune.jp